ひびき福祉会とは

障害があっても
生まれ育った地域の中で働き、生活をする。

障害のある人たちとその家族、関係者の強い願いに応えて、1977年(昭和52年)、ひびき共同作業所を開所しました。

1984年(昭和59年)、施設の充実、発展をめざして社会福祉法人に認可しました。
その陰には、地域の暖かい支援と大きな運動がありました。

つみ上げていく運動と実戦の成果に併せて、障害のある人たちが豊かに生きられる社会への願いをひびかせていきたいという意味を込めて「ひびき」と名づけました。
人類の発達の根源は「労働」にあり、障害があっても労働の権利は保証されなければなりません。

働く場と働く集団が保障されることによってたくましく働き、地域社会へ参加することができます。働くよろこびも生まれてきます。

社会福祉法人ひびき福祉会では、障害がある人たちこそ施設の主人公として、人権保障を柱に多くの願いの実現を目指しています。